亀一句

ヘルマンリクガメのお世話や、身近な事象を題材として。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 

アントン観察

今年は酷暑でした。
当初、その影響で成長が遅れ気味だと思っていましたが
シーズンが終わってみれば平年並みの成長をしてくれていたアントニオ。
まだまだ成長期。毎年の年輪幅が飼育の目安になっています。
101215-1.jpg
アントンの お尻尾ますます アントニオ。
尻尾も爪もいい感じ。

101215-2.jpg
嘴はあいかわらず磨き込まれてます。
知覚過敏にご注意を。(11/7撮影)

 



コメント

これは、外飼いだからこそわかる年輪ですね~♪
ウチのロシアもくっきり年輪ついてました~(*^▽^*)
でも、大きくなってくると成長も非常にゆっくりになるので
ナニが何やらサッパリになって、いつからか始めのころの年輪も薄く(^ω^ ;)

アントンの歴史ですね。
男の尻尾と研ぎ澄まされた爪磨かれた嘴。男の中の男。それがアントニオ。

  •                         2010/12/15(水)
  •   [ 編集 ]
  •   黒松

アントニオ君 さらに立派なオスに成長しています♪

イチゴの葉の緑色が新鮮です。

  •                         2010/12/15(水)
  •   [ 編集 ]
  •   ケイティママ

 
>>黒松さん
おお、ロシアですか~。回りが許してくれるなら飼いたいものです。
今のペースで年輪をあと5~6年刻んでくれたら
ヘルマン♂の25センチ超えも夢ではありません(夢でしょうね^^;)
年輪が薄くなるほど長生きしてほしいです。



>>ケイティママさん
成長期のど真ん中でしょうか^^
年々ふてぶてしくなりそうです。

一度食べつくされたヘビイチゴが再び芽吹いてきました。
人気薄な野草ですが手間要らずの優等生です。
タンポポもこれくらい増えるとありがたいのですが(笑)


  •                         2010/12/15(水)
  •   [ 編集 ]
  •   ikku

やっぱり完全屋外はいいですねぇ~(^O^)
理想的だと思います。
JはともかくPはいづれは完全屋外に出来たらいいなぁ~と思う今日この頃でございます(^o^)/

  •                         2010/12/16(木)
  •   [ 編集 ]
  •   カメ

>>カメさん
屋外飼いはメリットが多いと思いますよ。
原産地の環境を完全に再現できたら本当の理想なんでしょうねi-228
年中屋外が可能ならヒョウモンさんもお迎えしたい~と思う今日この頃でございます^^

  •                         2010/12/17(金)
  •   [ 編集 ]
  •   ikku



        ※この記事へのコメントの受け付けは終了しました。






        ※この記事へのコメントの受け付けは終了しました。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。