亀一句

ヘルマンリクガメのお世話や、身近な事象を題材として。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 

塩の谷

たまには、カメブログに軌道を戻さないと。
と、言うことで。


夏休み観察日記 
第3弾は「 カメ餌を考える 」


「野生動物がミネラル補給の為に、定期的に特定の場所を訪れ
そこの土を食べる。」
なんて言うのは、割と有名な話。


では、飼育下のリクガメに対し、ミネラル補給をどうするか?
(野草をしっかり食べていれば、必要ないような気もしますが)


カトルボーン、爬虫用ミネラル剤、炭酸カルシウム、リクガメフード、
サザエの殻を転がしておく、なんて方法もあるようです。


そこで我が家では


あねご
090809-1.jpg

チコリ
090809-2.jpg
カメ達を虜にしてしまう、怪しい白い粉


   あねご食べ  チコリも夢中  白い粉 ...


飼育場の一角を「塩の谷」と称して
1月に1~2回程度、白い粉をばら撒いています。












あっ、白い粉とは、牡蠣殻のことです。

 



コメント

あやしい白い粉の正体は牡蠣殻でしたか~^^(汗)
ミネラルとカルシウムを摂るにはやっぱり
白い粉に限りますねi-278

それにしても、「塩の谷」に対する
あねごさんとチコリちゃんのこの執着心・・・。
もしや・・いや、そんなはずは・・・いや、しかし・・・・・・

・・・。

もしかしてメス!?(←すでにオス仮定に/笑)

  •                         2009/08/10(月)
  •   [ 編集 ]
  •   ごっち

ごっちさん
最近何かと話題の白い粉を皮肉ってみました^^;
こちらの白い粉は末端価格で100~300円/kgですからお値打ちですよ(笑)

>もしかしてメス!?
もしかしなくてもメスですよぉ(←あくまで希望的観測/笑^^;)

  •                         2009/08/11(火)
  •   [ 編集 ]
  •   ikku

巷で話題の白い粉( ゚Д゚)
あねごさん&チコリさんはダイレクトにいくのですね~
これは効き目ありそうです!(笑)
うちはキングが夏になるとカトルボーンを齧りまくるのですよね。
他の季節は食べないのですが。
夏はミネラルを欲する季節なのでしょうか?
(ごはん足りないだけだったりして)
近所のホムセンに鳥用の牡蠣殻粉売ってたような気がするので、
六畳和室でも試してみたいと思います(`・ω・´)

  •                         2009/08/11(火)
  •   [ 編集 ]
  •   げる

げるさん
ウチでは、カトルボーンは無視されて、
雨にぬれて変色して転がっています^^;

そこで「白い粉」^^
牡蠣殻を夢中になって食べてます。
ただ過度の、カルシウム、シュウ酸、水分不足、運動不足は
結石の原因?ですから与えすぎには注意してます。
(キング氏、紅様が牡蠣殻ジャンキーv-12になりませんように^^)

  •                         2009/08/12(水)
  •   [ 編集 ]
  •   ikku

おお^定期的に白い粉をまいているのですね?あの鼻の粘膜から吸うやつですよね?(爆)
はじめはコンクリートを齧ってしろくなってるのか?とびっくりしましたよ~(爆)
牡蠣殻、、さがしてるのになぜかないんですよね~(苦笑)

  •                         2009/08/16(日)
  •   [ 編集 ]
  •   kajikaji

kajikajiさん
カメ達は白い粉の虜になってしまいました^^

牡蠣殻の正体は、、(書いてよいものかどうか^^;)
農業用の土壌改良材の牡蠣殻有機石灰です。
(塩分を抜いた牡蠣殻100%の原材料のものでphが中性に近いものです。)
カメ園芸の土質を良くしようとして飼育場にばら撒いたものを
カメ達が直接食べるようになってしまいました^^;

この牡蠣殻は、成分的には悪くないとは思いますが、
このような経緯で少しずつ与えることとしたため
自己流過ぎて責任を持ってのお勧めができないのです(^^;)

  •                         2009/08/17(月)
  •   [ 編集 ]
  •   ikku



        ※この記事へのコメントの受け付けは終了しました。






        ※この記事へのコメントの受け付けは終了しました。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。