亀一句

ヘルマンリクガメのお世話や、身近な事象を題材として。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 

うるう年

今日は2月29日。
ってことは、今年はうるう年なわけで、4年に一度の貴重で珍しい一日。

「 この貴重で珍しい一日に ”亀一句” で何かひとつ。」
と思って、ひねり出している最中です。

さて、うるう年といえば、オリンピックイヤー。
人々は浮かれまくる。
心は北京へ。
仕事なんか上の空、手につきません。フワフワですよ。

他方、金融業界において今年は、「 ブラックマンデー以来の特別な1年 」
と言われるほど、サブプライム嵐が吹き荒れ、株式市場は未曾有の乱高下。
沈みまくった人々もまた、これあり。
心は取引所へ。
株式チャートが気になって、やはり仕事は上の空。ヌケガラですよ。

人間は、世相の荒波にもまれ、何かと落ち着きのない日々です。

↓↓ しかし、こんなときでも、われらが亀様は、 ↓↓
080229.jpg

って、やっぱりノーテンキです。

   始まるよ  いつもどおりの  一日が ...   

4年に一度の貴重で珍しい一日も、亀にとっては普通の一日のようで。

亀飼いにとっては、
「 はい、いつもどおりのお世話をいたします。」
となる一日のようで。

ちゃんちゃん。




 



コメント




        ※この記事へのコメントの受け付けは終了しました。






        ※この記事へのコメントの受け付けは終了しました。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。